不動産を早く売りたい!早期売却のコツを注意点とともに解説!

2024-03-19

不動産を早く売りたい!早期売却のコツを注意点とともに解説!

この記事のハイライト
●適したタイミングで売り出すためにも不動産の売却相談は早めにおこなう
●財産分与や相続税の納税にあわせて不動産を売却したい場合などは早めに売却活動を開始する
●売却価格は低くなるが即現金化を希望する場合は買取による売却がおすすめ

不動産を売り出してから買主に引き渡すまでに、平均して3〜6か月程度かかるとされています。
余裕を持って計画を立てるのが理想的ですが、売却を急がなければならないこともあるでしょう。
また不動産をより高値で売却したい場合も、早期売却を意識して売却活動をおこなう必要があります。
そこで今回は、不動産を早く売却したほうが良い理由や早期売却を迫られるケースなどを解説します。
木更津市金田東や金田西で不動産売却をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を早く売りたい!早めに売却活動を開始したほうが良い理由とは

不動産を早く売りたい!早めに売却活動を開始したほうが良い理由とは

不動産をより高値で売却したい場合、早めに売却活動を開始することをおすすめします。
土地や建物は売り出したからといってすぐに買い手が見つかるとは限らないためです。
適切なタイミングで売却するには、早めに不動産会社に相談しておくことが大切です。
まずは、早めに売却活動を開始したほうが良い理由から確認しておきましょう。

建物の価格が下がる

建物は経年劣化するため、年月が経つほどに価値が減少していきます。
価値の下落ペースは建物の構造によっても異なり、木造住宅は築10年で新築時の約半分になるといわれています。
たとえば新築の木造住宅を5,000万円で購入した場合、10年後には2,500万円程度になっている計算です。
大切な資産を手放すわけですから、大多数の方が「少しでも高く売りたい」と考えるでしょう。
高値売却を目指すためにも、建物が劣化して資産価値が下がる前に、早めに売却活動を開始することをおすすめします。

相場価格が下がる可能性がある

土地は建物とは異なり、経年劣化という概念がありません。
そのため「土地は価格が上がるまで待ったほうが良いのでは」と考える方もいらっしゃるでしょう。
経年劣化しない土地であっても、経済的な問題や人口減少など様々な要因で価格が下がることがあります。
たとえば、大学が撤退または閉鎖されることになり、学生たちの住宅が不要になったとしましょう。
するとアパートやマンションが余るようになるため、それにつられて土地の価格も下落するのが一般的です。
また住宅に関しても、住宅ローン金利が上がると総返済額が増えるので、不動産需要が低くなり相場も下がる傾向にあります。
このように、不動産の相場は様々な影響を受けて上下するため、日本経済や不動産市場なども考慮した上で売却を決める必要があります。
相場価格が下がる前に売却できるよう、早めに不動産会社に相談し、売却計画を立てるようにしましょう。

特例を利用できる

土地や建物を売って利益が出ると、利益に対して「譲渡所得税」が課されます。
不動産は大きな金額なので税額も高額になりやすいですが、特例を利用すれば非課税にすることも可能です。
たとえばマイホームを売却して要件を満たす場合は、利益から最大3,000万円を差し引くことができます。
ただし、この特例を利用するには「住まなくなってから3年後の年末まで」に売却しなければなりません。
特例を利用して節税したい場合は、なるべく早めに不動産会社にご相談ください。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に締結する媒介契約とは?3種類ある媒介契約の特徴を解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産を早く売りたい!売却を迫られるケースとは

不動産を早く売りたい!売却を迫られるケースとは

なかには、自分の意思に反して早めに売却しなければならないケースもあります。
ここからは、どのような場合に早期売却を迫られるのか、3つのケースに分けて解説します。

離婚に伴い不動産を売却したい

離婚時には、夫婦が共同生活を送る中で形成した財産を分け合う「財産分与」が必要です。
財産分与の割合は2分の1が原則なので、1,000万円の不動産であれば夫婦それぞれが500万円ずつ取得します。
しかし、不動産は現金のように均等に分割ができないため、売却後にお金を分け合う方も多いでしょう。
離婚前に不動産を売却する場合、物件を引き渡して売却代金を受け取るまで離婚の手続きを進められません。
すべての手続きを円滑に進めるためにも、離婚を機に不動産を売ると決めたら早めに不動産会社にご相談ください。

住宅ローンの返済が苦しい

何十年と続くローンの返済中に、療養や失業などによって支払いが苦しくなるケースもあるでしょう。
家計を立て直すために不動産売却を検討される方も多いかと思いますが、その場合はなるべく早めにご相談ください。
住宅ローンを滞納すると、やがて金融機関から一括返済を求められるようになり、最終的には競売にかけられてしまいます。
競売は所有者にとってデメリットが大きいため、競売にかけられる前に早めにご自身で売却するのが望ましいでしょう。
ローンの残高やご事情によっては「任意売却」を検討する必要があるため、早めに不動産会社に相談することが大切です。

売却したお金で相続税を支払いたい

遺産の総額が基礎控除額を超える場合、相続人には相続税が課されます。
相続税を支払うために、相続した不動産を売却して現金化したいと考える方もいらっしゃるでしょう。
相続税の申告には期限があり、相続開始を知った日の翌日から10か月以内に納税する必要があります。
確実に不動産の売却代金を納税に充てるには、相続が発生した時点で不動産会社に相談することが大切です。

▼この記事も読まれています
不動産を売却したときに必要な確定申告の手続き方法を解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産を早く売りたい!おすすめの最短ルート

不動産を早く売りたい!おすすめの最短ルート

不動産を売却する際に多くの方が「仲介」を選択しますが、売却を急ぐ場合は買取がおすすめです。
最後に、買取の仕組みや注意点、仲介でも早期売却につなげるコツなどを解説します。

不動産の買取とは

買取とは、土地や建物を不動産会社に直接売却することです。
仲介による売却では、不動産会社が売却活動をおこない、一般の買主を探します。
買主が見つからなければ売却ができないため、時間がかかってしまうというデメリットがあります。
一方で買取は、不動産会社に直接売却するため、仲介のように買主を探す手間や時間がかかりません。
不動産会社が提示する条件に納得できれば、最短3日〜長くても1か月程度では現金化できます。
また売却活動が不要なため、近隣住民に売却を知られにくい点もメリットの1つといえるでしょう。
ただし買取の場合、仲介に比べると売却価格が3割ほど低くなってしまうというデメリットがあります。
売却を急いでいる場合は買取、高値で売却したい場合は仲介のように、ご自身の状況に応じて選択することが大切です。

仲介で早期売却につなげるコツ

不動産を早く手放すには買取がおすすめですが、工夫次第では仲介でもスムーズな売却が目指せます。
たとえば、内覧時の印象を良くするためにホームステージングをおこなう、水回りを徹底的にきれいにするなどです。
内覧時の印象は不動産売却において重要であり、どんなに条件が良くても印象が悪いとなかなか成約には繋がりません。
とくに水回りは使用頻度が高く、内覧の際に重視する方も多いため、ハウスクリーニングを依頼するのが良いでしょう。
また、古い空き家の場合は、買主の信頼性を高めるためにインスペクション(専門家による住宅診断)を実施するのも有効です。
ただし、いずれも実施するには時間が必要なため、不動産会社に相談してから決めることをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産売却時におこなうインスペクションとは?かかる費用についても解説!

まとめ

財産分与や相続税の納税にあわせて不動産を売却したい場合などは、早めに売却活動を開始する必要があります。
仲介に比べると売却価格は低くなりますが、とにかく早く売却したいという方は、不動産会社による買取がおすすめです。
仲介で早期売却を目指す場合も、まずは不動産会社に相談した上で、ホームステージングやインスペクションの実施を検討しましょう。
木更津市で不動産売却するなら株式会社ケー・ビー・オーへ。
不動産売却だけではなく、不動産買取も対応可能です。
お客様のご希望に添えるよう真摯に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0438-97-6511

営業時間
09:00 ~ 17:00
定休日
祝日、年末年始・夏季休暇

売却査定

お問い合わせ